過給機による特性の違い

最近は低燃費ブームとなっており、車の性能を表すのに燃費表示が欠かせないものとなりました。
燃費をよくするためにはより少ない燃料で車を走らせることが必要なのですが、これと正反対の位置にいるのが過給機といわれるものです。

 

過給機には現在のところターボチャージャーとスーパーチャージャーがあるのですが、どちらも理論的には全く同じ、コンプレッサーを回して、無理やりシリンダー内に大量の空気を入れるのが目的で使われれます。
エンジンというのは吸入した空気の量の合わせて燃料の噴射量を決めています。

 

シリンダーに押し込められる空気の量が増えるという事が燃料噴射量が増えるという事、それすなわち燃費の悪化という事になるのです。

 

しかし、過給機によるエンジンのパワーアップは魅力的で現在でもターボエンジンを好んで乗る方がたくさんいます。
2つの過給器はコンプレッサーを回すという事では共通点があるのですが、そのコンプレッサーをどうやって回すかというところが大きく違います。

 

ターボチャージャーは、エンジンの排気ガスを使って、タービンを回します。
そのタービンはコンプレッサーと直結しているのでタービンが回ればコンプレッサーが回るという事なのです。

 

しかし、それなりの排圧が必要なので、低回転では回りにくく、効果が表れるのは中回転から高回転、それも負荷がかかっている状態のみという事になります。
対してスーパーチャージャーは、クランクシャフトと連結されたプーリーを回すことによってコンプレッサーを回す構造になっているので、理論上はアイドリング時でも過給されていることになります。

 

しかし、メカニカルな部分が多いのでエンジンが高回転で回っているときは逆に抵抗となってしまい、過給で稼いだパワーと同じくらいのパワーをロスしてしまいます。
それによってスーパーチャージャーにはクラッチが仕込まれていて、アイドリング時や高回転時には切り離すような仕組みとなっています。

 

このことからターボチャージャーは中回転から高回転向き、スーパーチャージャーは低回転から中回転向きとなるのです。