ハイエースの人気が再来

トヨタのワンボックスカーと言えば、現在のところ商用車として人気のあるハイエースがあります。
ハイエースは昔からトヨタの一番大きなワンボックスカーとして存在していた車で、アルファードやヴェルファイアにワゴン系をとられる前までは、ワンボックスワゴンとしても人気の高かった車でもあります。

 

現在でも一応ワゴンモデルはあるのですが、10人乗りやマイクロバスといったちょっと特殊な使われ方をするものだけとなっているのです。
しかし、ここ最近またこのハイエースの人気が高まってきているのです。

 

人気のあるモデルは商用車のバンですが、バンでありながらも比較的装備が充実し、エンジンにも余裕のあるものが搭載されているので、豪華な装備を望む人でなければ十分に満足できるような車になっているのです。
更にミニバンでは考えられない広いキャビンは、子供が複数いる家庭や家族でアウトドアスポーツを楽しむような使い方には非常に有効です。

 

デザイン的にもあまり商用車っぽくないのも人気の秘密だと思います。
よく考えてみれば、家族のトランスポーターとして機能させるには500万円近くもする豪華なミニバンよりワンボックスカーのほうが使い勝手もいいですし、価格も安い、維持費もカナルおさえることができるといいことづくめの様な気がしてきます。