ノーマル車は完ぺきではない

購入したままの状態のことをノーマル車などといい、車を買取ってもらう時など特に面倒くさい店選びなどをしなくても済むのが大きなメリットです。
しかし、実際に査定となると若干でもそのオーナーなりに手が入れられている車のほうが査定額が高く見積もられるという事がわかっています。

 

通常は何もいじられていないド・ノーマル車のほうが見積額が高いと思われがちですが、ド・ノーマル車の何が査定額低下の原因になっているのでしょうか。

 

それは車自体がどうのこうのではなく、その車のオーナーの考え方がよくわかるからです。

 

車というのはオーナーの考え方や生活習慣などがよく表れるもので、土建系の仕事についている方が乗っている車と生活の足として使っている車を比較してみればよくわかると思います。

 

ド・ノーマルというのは、「私は車が詳しくありません、興味もありません、だからお金をかけません」といっているのと同じ事で、単なる移動手段としてしか車を見ていないのです。

 

そうなると普段のメンテナンスやケアなどが怠っていることが多く、定期点検にきちんと出されているとはいっても、必ずしも全く問題がない車だとは言えないのです。

 

逆にアルミホイールが変えられてあったり、大人しめのエアロパーツなどがつけられている車のほうがその車に愛情を注いでいるという事でプラス評価となる場合もあるのです。

 

改造しているから必ずしもプラスであるという事ではありませんが、乗ったら乗りっぱなしの車よりは印象はいいと思います。