本国の車の売値

欧州車のほとんどが、本国で作られ貨物船で日本に輸入されてきます。

 

その距離もかなり遠くからくるので、運賃だって馬鹿にできません。

 

大手ショッピングモールみたいに「送料無料」なんてことはしませんので、日本に入ってくる欧州車には必ずその運賃が上乗せされているのです。

 

うれしいことに関税は今のところ撤廃されているので、そういった部分の上乗せはわずかなものとなっていますが、それでも本国で買うのと日本に輸入されたものを買うのとでは金額的にかなりのひらきがあるのが当然です。

 

しかし、それは昔の話、現在では本国仕様と日本仕様では販売価格にそれほど差はないようです。

 

たとえば本国で1500万円ほどするポルシェは日本では1600万円台で買えますし、メルセデスベンツなどはほぼ同じか逆に本国仕様の方が高いこともあるらしいのです。

 

ただ、実際には日本仕様の方が高いことが多く、たぶんそれを見て日本で買うモデルの方が高いと感じるのだと思いますが、実はそこにはグレードや装備の違いがあるのです。

 

本国では、ベースモデルにある程度の装備やオプション品を付けて販売することが多く、それによって販売価格が安くなっているのですが、日本仕様となるとほぼフルオプションでグレードも比較的上級グレードしか販売しないので本国仕様より高く感じるのです。

 

残念ながら日本においてそういった装備の変更などできないため結局、高級グレードを買うしかないのですが、車体価格だけを見ればあまり変わりはないのです。