カローラが売れているらしい

トヨタの車といえばカローラを忘れてはいけません。

 

大衆車というジャンルを確立し、一時期は車を持っている人の10人に一人はカローラを持っていると比喩されるほど販売台数が多かった車です。

 

ホンダのフィットが登場するまで長年、国産車販売台数でナンバーワンをとり続けてきた車でもあり、フラッグシップモデルでもあるクラウンよりも親しみのある車でもあります。

 

ここ最近はハイブリッドカーであるプリウスの登場によって、大衆車クラスの人気をとられていましたが、今年カローラがフルモデルチェンジを受け、ハイブリッドモデルが作られたことによってまたカローラの人気が上がってきました。

 

それもそのはずです。今まで大衆車クラスでハイブリッドカーを購入したかったと思っても、用意されているのはプリウスだけ、選択肢が全くなく仕方なくプリウスを選ぶことになっていたのです。

 

しかし、カローラ・アクシオにハイブリッドモデルが用意されたことによって、はじめてトヨタの大衆ハイブリッドカーを選択して買うということができるようになりました。

 

これでカローラ・アクシオ・ハイブリッドの性能面が悪ければ、プリウスの人気はそのままだった思うのですが、プリウスよりも車らしいですし、燃費も良いと来れば無理して不恰好で実用性のないプリウスを買う人はいなくなるでしょう。

 

プリウスは今ではハイブリッドカーのコンセプトカーとしてしか機能していません。