見た目だけ?スポーティーモデルG's

日本は現在のところ、スポーツモデル氷河期となっており、スポーツモデルを欲しがる方が少なくなったといわれています。

 

しかし、それは間違いです。

 

スポーツモデルを欲しがる方が少ないのではなく、スポーツモデルが選ぶほどないのです。

 

特に若者が買えるような比較的安価なスポーツモデルは皆無でほとんどのものが最低でも400万円以上してしまうのでは、だれも手を出しません。

 

トヨタにもスバルのBRZの兄弟車である86というスポーツモデルがありますが、比較的安いモデルではありますが若者からすればまだまだ高嶺の花であって気軽に変える車ではありませんし、すべての人間がFRスポーツが好きだとは限りません。

 

そこでトヨタが生み出したのがG'sといわれる普通の乗用車を簡単に付けられるエアロパーツや素人でも交換できる足回りパーツをなどをスポーティーなものとすることで、「偽スポーツモデル」なのです。

 

当然走行性能自体は全くの標準モデルを同じで、早くなるばかりか見た目だけのエアロパーツのおかげで空気抵抗が増えるだけのものとなってしまったのです。

 

車を使いまわすことが得意なトヨタが考えそうなことです。

 

そもそも燃費を向上させるために作ったアクアやプリウス、ファミリーカーのアルファードやヴェルファイア、普通のセダンであるマークXにスポーティーさは必要ありません。

 

唯一、許されるのが全日本ラリー選手権でも使われているヴィッツでこれだけは正しい方向性を持っていると思われます。

 

ハリアー 値引き